What's New
What's New
カレーは印度、貴方のバイクは今、何度?

カレーは印度、貴方のバイクは今、何度?

こんにちは、まだまだ寒いですが、冷たいビールが美味い季節ですね。
すっかりご無沙汰しています、年始早々にパソコンがバグりまして、不慣れなスタッフは大慌てでした。
今回は酔ったついでに(ウソ)バイクの温度について、お話しましょう(・。・;

寒くなると、なかなかエンジンが温まらない、冷えたままだと調子悪いですよね。
さて、暖気が終わった後のバイクは熱いですよぉ(゜o゜)アタリマエ
寒いからといって、信号待ちの間に、手をエンジンに近づけたとき、
誤ってグローブがマフラーに触れ・・・・じゅーっ\(◎o◎)/! なんてこと、ありません?

今回はたまたま、レーザー式温度測定器がありましたので、
面白半分に測定してみることにしました(・.・;)
いや、誤って触れることが無いよう、皆さんのために測定しました。

最初は体のあちこちの体温を測ったり、チンした弁当を測定したりしてたのですが、 バイクを測定して、このページに載せよう!というのが本音です。
レーザー光式温度測定器
まず、うちのワケーシュのN東ちゃんに、
エンジンを掛ける前の各部の温度を測定してもらいました。
(外気温7℃位?)
バイクはカワサキZRX400でしゅ。

(エンジンをかける前)
マフラーの付け根で8.5℃、後端の出口で4℃。
エンジン上部のヘッドカバーで10℃、
エンジン下部のカバーで8.5℃です。
キャブが7.5℃でラジエターが5℃でした。
これなら、どこを触っても大丈夫ですね?
温度測定中

では、スタート、ユア、エンジン!!

スタンドをかけ5,000回転を前後しながらラジエターの冷却ファンが回るまで暖気しました。
スタート直後から、マフラーの付け根は急上昇していきます(@_@;)
測定値がバラバラ、うひゃ~400℃だって\(◎o◎)/!
こりゃ~触ったら即死ですな(実際には死にはしないか?)

「ぶあぁ~ん」ファンが回り始めました、測定・測定
ラジエターは98℃に上昇、エンジンのヘッドカバーでも70℃です。
シリンダーは98℃だけどマフラーの近くは350℃を表示!
マフラーの出口で62℃、エンジンの下部のカバーでも86℃もあります。
キャブレターは20℃でした。

面白いことにアイドリングでおいておくとスグに温度は下がっていきます。
マフラーの付け根で250℃、出口で37℃でした。

以上、簡単に測定してみました、とても、熱くなっているのですね(・_・;) 参考にしてみてください?(^.^)/~~~

このページの先頭へ▲

二輪館アクティ 〒192-0355 東京都八王子市堀之内2-23-8 TEL.042(674)2020