Home >中大生の資格・公務員合格体験記 >資格の大原「公務員」

資格にチャレンジ!│生協教育事業部

資格の大原「公務員」

経済学部 経済学科 4年 田村 恭也さん経済学部 経済学科 4年
田村 恭也さん

生協オリジナルセミナー2年生スタートコース
受講

2017年 公務員試験合格
東京特別区、横浜市、国家一般職

公務員試験は自分を成長させてくれる貴重な時間でした。

1.目指した理由

経済学部のゼミナールの中で広報の研究をし、その中で人に魅力を伝える仕事をしたいと思いました。様々な職業の中で公務員という職業は情報発信能力がとても高く、情報源としての信頼度も高いと感じました。公務員として様々な魅力を日本中・世界中に発信していきたいと考え、公務員を目指すようになりました。

2.当スクールに決めた経緯

様々なスクールの説明を何回も聞き熟考しました。その中で大原は学内で受けることが出来ることはもちろんのこと、面接対策講座の多さ、論文添削の丁寧さなど勉強以外の面でもさまざまなサポートを受けることが出来る点に魅力を感じ、大原を選択しました。

3.実際に通ってみて

大学の授業が終わった後に大学内で講義を受けることが出来るので、非常に助かりました。教養科目、専門科目共にとても充実しており、細かい質問にもとても丁寧に答えてもらえたので本番の試験で細かい間違いに気付くことが出来るぐらい知識を蓄えることが出来ました。二次試験対策では個人面接対策だけでなく集団面接対策も実施してもらえたので本番では緊張せず面接に臨むことが出来ました。

4.受験勉強について(受験勉強で大切なこと、自分で工夫、意識したことなど)

公務員試験において大切にしていたのは「自分にストイックになること」「仲間をつくること」の2つです。「自分にストイックになること」は勉強において大切なことです。自分に対して妥協せず、移動時間やお風呂の中でも何かできないかと考え工夫し勉強しました。また、「絶対に第一志望に合格する」という覚悟を持つためにもストイックに取り組むことが大切だと思います。「仲間をつくること」は公務員試験全般において大切なことです。学内講座や説明会などで隣の人に話しかけて一緒に頑張っていく仲間をたくさん作るようにしました。勉強するときは互いに教え合ったり、問題を出し合ったりしました。試験の情報や受験先のことなど自分の知らない情報を教えてもらい助かったこともありました。

5.最後に

公務員試験はひとりでは乗り切れません。支えてくれる人や一緒に公務員を目指す仲間、大原の先生方など、たくさんの人の協力があって合格することが出来ます。辛いときや迷ったときは大原の先生方に相談してみましょう。道が開けることがあると思います。また、一緒に公務員を目指す仲間と励まし合いながら勉強することで乗り越えることが出来る壁もたくさんあると思います。たくさんの人の力を借りながら努力をし、公務員試験を突破した皆さんと一緒に仕事が出来る日を楽しみにしています。