Home >中大生の資格・公務員合格体験記 >辰已法律研究所「司法試験」

資格にチャレンジ!│生協教育事業部

辰已法律研究所「司法試験」

法学部 法律学科 4年 市原 隆一郎さん法学部 法律学科 4年
市原 隆一郎さん

[予備試験対策として]
予備試験スタンダード論文答練(第1クール・第2クール)、予備試験総択、予備試験論文公開模試、予備試験口述模試
[司法試験対策として]
スタンダード論文答練、選択科目集中答練、
全国公開模試

受講

2017年司法試験合格(4年時)2016年予備試験合格(3年時)

司法試験合格までの学習方法

1.目指した理由

将来は何か人の役に立つ仕事がしたいと考え、漠然と法曹を目指すようになりました。そして、大学で司法試験・予備試験を目指す先輩を見て、自分も同じように精一杯努力したいと思ったのが、司法試験を志した理由です。実務に出るのが早く、法曹としてのキャリアを多く積むことができるので、予備試験ルートでの受験を目指しました。

2.当スクールに決めた経緯

辰已を選んだのは、大手予備校ということもあり、受講生が多く、自分の相対的な成績を知ることができると考えたからです。また、予備試験奨学生として、受講料を援助して頂いたこともあり、辰已を選びました。

3.実際に通ってみて

司法試験・予備試験の過去問以外のアウトプットとして、主に論文答練を受講しました。辰已の答練は採点表が非常に細かい点が特徴です。そのため、自分の答案のどの点が評価され、どういった点が評価されていないかは一目でわかります。さらに、予備試験に比べ、司法試験は点数が倍になり、より得点に結びつく記述が要求されます。そのため論文において自分の欠点や苦手を分析し、より点数に直結する記述をするうえで、答練は不可欠であったように思います。
直前期には司法試験・予備試験とも論文公開模試を受講しました。各科目の時間配分をもう一度確認するという意味もありますが、この模試は多くの受験生が受講します。毎年論点を的中させることが多く、受講しなければ大きな不利になってしまうと考え、受講しました。また、相対的に合格水準に達しているということを確認することができ、自信をもって本番に臨むことができました。

4.受験勉強について(受験勉強で大切なこと、自分で工夫、意識したことなど)

私が法律を勉強する上で意識していたことは、安易に記憶に走らないという点です。短答、論文を含めると、必要な知識は膨大であり、これを全て記憶することは、私には不可能であったと思います。また、学部3年での予備試験合格を目指していたこともあり、大学院生などと比べると、知識量に圧倒的な差があることは明らかです。そこで、安易に暗記に走るのではなく、常に問題意識や条文・概念の趣旨を理解することを心掛けていました。それにより、少ない時間の中でも効率よく勉強することができ、無理なく知識を定着させることができたように思います。また、予備試験・司法試験では科目によって、今まで考えたことのない未知の論点が出題されることがあります。その際に、今までと同じ法的な思考方法により、事案と向き合って自分の理解を示すことができ、論文の得点に大きく寄与したのではないかと考えています。

5.最後に

私自身、大学入学時には予備試験・司法試験合格など難しく、自分には無理だと思っていました。ただ、正しい方法で勉強していけば、決して受からない試験ではないと思います。ぜひ自分の可能性に限界を決めず、精一杯努力してみて下さい。