Home >中大生の資格・公務員合格体験記 >伊藤塾「司法試験」

資格にチャレンジ!│生協教育事業部

伊藤塾「司法試験」

中央大学法学部卒業 中央大学法科大学院(既修)修了 T.Kさん中央大学法学部卒業 中央大学法科大学院(既修)修了 T.Kさん

司法試験入門講座本科生+
リーガルトレーニング など 受講

2015年 予備試験合格(中央大学法科大学院在学中)
2016年 司法試験合格

1.はじめに

私は大学に入学してすぐ伊藤塾に入塾しました。伊藤塾を選んだ理由は司法試験における合格者数の多さという実績の高さからでした。実際に講座を受けてみますと講師の方の体験談を踏まえた講義は初学者でも非常にわかりやすく,また非常に興味をそそるものであり,さらに記憶に残りやすく伊藤塾を選んで良かったと思いました。途中で投げ出すことなく勉強を続けられたのも伊藤塾の講義であったからだと思います。

2.私がとった勉強方法

法科大学院入試・予備試験・司法試験という流れの中で常に根底あったのは基礎の重要性でした。一見非常に難しい問題でどう対処したら良いかわからないような場合においても,基礎基本から丁寧に分析検討し組み立てることで,自分なりの最善解を導き出すことができます。ですので,いかに基礎的な知識を自分の血肉とできるかを主軸に置いていました。そして,かかる知識は基礎マスターテキスト※1 に書かれている内容で必要十分だと思います。司法試験で問われているのはマニアックな知識ではなく基本を分かっているのかだと考えていますし,意外とこの基本ができていない人が多い印象でした。基礎マスターで得たその知識を論文マスターでのアウトプットを通して随時基礎マスターに立ち帰ることでその知識を実践的な知識へと昇華させ,より理解を深めていくことで基礎的知識を盤石としつつ基礎的思考能力も身につけ,基礎を深めていくことができました。

3.学生生活との両立について

通学できないことも多かったですが,インターネット受講ができることによって隙間時間を使うことにより非常に時間を有効的に使うことができました。自分の速度に合わせて進めていくがことができるため勉強の計画を立てるうえでも助かりました。

4.伊藤塾の受講スタイルとフォロー制度について

通学と在宅併用型の受講形態でしたが実際に講義を受けに行くことで動機付けとなりまた直接講師の方と話すことも通して刺激をうけモチベーションが上がると同時に,予定の都合上通学できない場合にはネットで受講することで時間を有効活用でき大変良かったです。

5. 最後に

依頼者や当事者の立場に立って寄り添えるような法曹家になりたいと考えています。
司法試験は必ず努力が報われる試験ですので,全力を尽くして頑張ってください。
応援しています。

※1 基礎マスターテキスト:伊藤塾の司法試験入門講座における主要教材