Home >中大生の資格・公務員合格体験記 >資格の学校TAC「公務員」

資格にチャレンジ!│生協教育事業部

資格の学校TAC「公務員」

法学部 政治学科 4年 木村美鈴さん法学部 政治学科 4年 
木村美鈴さん

先取り学習付中大本科生
地方上級・国家一般職コース 受講

2016年 公務員試験合格 東京都Ⅰ類B・名古屋市・
国家一般職(大卒)・国税専門官

自分のペースで、一歩ずつ。

1.目指した理由

私は大学入学当初から、女性でも働きやすく、長く続けられる職業として公務員に関心がありました。そこで、多くの公務員のOB・OGの方々に話を伺ったり、農林水産省と東京都、地方銀行のインターンシップに参加したりしました。その中で、行政は民間企業とは異なり、同業他社が代替できず、必要な業務であるならばやらなければならない、という点に特に魅力を感じ、公務員を目指す気持ちが固まりました。

2.当スクールに決めた経緯

大学3年次、公務員試験勉強を始めようかなと思っていた時期に、TACに通っている先輩が、公務員試験は情報戦でもあるから、過去のデータと最新の情報のどちらも揃っているTACを紹介してくれました。その後、無料ガイダンスに参加して、担任講師制度やWebフォロー、ホームルーム(HR)等の充実した制度が整っていることから、TACを選びました。私はTACの講義と大学の授業の時間が重なっていることが多かったため、特にWebフォローが役立ちました。私はTACを選んだことに大変満足しているため、ぜひおすすめします。

3.実際に通ってみて

私が所属していた中大駅前校は、小さな校舎ではありますが、受講生と講師・受付スタッフの方々との距離が近く、とてもアットホームな校舎です。独自の模擬面接や自主ゼミ制度が充実しているため、面接試験にも安心して臨むことができました。また、校舎が大学や駅から近い場所にあるため、通いやすい点もおすすめです。

4.受験勉強について

私が志望していた東京都では、教養択一試験で足切りが設定されていたので、教養試験対策にはとても力を入れました。教養試験で最も重要となる科目が数的処理ですが、私はあまり得意ではなかったので、勉強時間を特に多く割きました。毎日午前中は数的処理の時間として、東京都の出題範囲と同じようにV問題集や講義レジュメから問題を選び、時間をはかって解いていました。諦めずに毎日続けることで、解ける問題が増え、解ける問題と解けない問題の見極めができるようになり、本試験では過去最高の点数を取ることができました。
専門試験対策は、まずは専門択一試験の対策から始めました。専門科目の講義を一通り聞き、V問題集を各科目3~4周解き、講義レジュメを読み込みました。私は専門記述試験の対策を始める時期は遅かったですが、択一の対策で基礎が固まっていたおかげで、記述にもスムーズに対応できました。

5.最後に

公務員試験は多くの科目があり、長期間にわたり勉強することになります。大学の授業、サークル、ゼミ等との両立も大変な時期もあると思います。しかし、忙しい中でも時間を見つけて、合格するためには今どの科目を勉強すべきかを把握して、やるべきことをやれば、結果は必ずついてきます。本当に志望先で働きたいという気持ちがあるならば、自分を信じて頑張って下さい。