Home >中大生の資格・公務員合格体験記 >辰巳法律研究所「司法試験」

資格にチャレンジ!│生協教育事業部

辰巳法律研究所「司法試験」

法学部法律学科 豊富育さん法学部法律学科
豊富育 さん

予備総択、予備試験全国公開模試、
選択科目集中答練、司法試験全国公開模試 受講

2015年 予備試験合格(3年時)
2016年 司法試験合格(4年時)

学部司法試験合格に向けて

1.目指した理由

私が法曹を目指した理由は、中央大学法学部に入学してからのことが大きかったと思います。中央大学では、授業の中で法律家として活動している方から直接お話しを聞ける機会があり、自分も法律家として世の中に出て活躍したいと思うようになりました。

2.当スクールに決めた経緯

辰已が行っている模試は、非常に受講生が多いです。試験対策において、自分が位置付けを知ることはとても大切です。また、辰已は長い間に渡って司法試験の模試を行っていますので、模試が本試験と非常に近いものになっていたり、採点がとても受験生にとってわかりやすかったりします。これらの点で、司法試験合格に辰已の模試が最適だと思い、受講しました。

3.実際に通ってみて

辰已の模試を受けると全国の受講生のなかで、自分がどの分野が苦手なのか知ることができます。そのため、模試の結果を見直し、復習をすることで予備試験・司法試験に向け、弱点を克服することができました。辰已の模試は、客観的なデータが把握することができますし、採点も受講性にわかりやすいものになっているので、積極的に活用し、これが司法試験合格につながったと思います。

4.受験勉強について

予備試験・司法試験の合格は、長い年月が必要で、一部の優秀な人しか成し得ないもののように思えるかもしれません。確かに、司法試験は難易度が高い試験であることは事実だと思います。しかし、司法試験は中大生が受からない試験かというと、中央大学が毎年多くの合格者出していることからわかるように、そうではないと言えます。そのため、中大生であれば確実に司法試験に合格するチャンスはあるのです。では、司法試験に合格するためにはどうすればよいのでしょうか。私が、司法試験合格するために重要だと思うことは、合格のために必要な情報を収集することだと思います。試験ですので、やみくもに勉強するのではなく、どのような人が受かっているのか、自分にはいま何が足りないのかを把握する必要があります(みなさんの高校・大学受験もそうでしたよね)。司法試験合格には情報収集が必須です。
そして、中央大学には、司法試験合格のための情報が多くあります。法職講座などそのひとつだと思います。そして、辰已のようなスクールも司法試験合格のための情報を提供してもらえる存在です。模試を受ければ、自分の順位などの情報を知ることできます。受験勉強においては、予備校や大学などを利用して積極的に情報を集めていくことが大切です。

5.最後に

中大生のみなさんが、自分のなりたい職業に就くため、資格試験を合格されることを願っています!