Home >中大生の資格・公務員合格体験記 >辰巳法律研究所「予備試験」

資格にチャレンジ!│生協教育事業部

辰巳法律研究所「予備試験」

法学部法律学科3年 小牧 俊 さん法学部法律学科3年 
小牧 俊 さん

予備試験スタンダード論文答練
(第1クール・第2クール)
予備試験スタンダード短答オープン
(第1クール・第2クール)予備試験総択
予備試験論文予想答練
予備試験論文公開模試
予備試験口述模試 受講

2016年 予備試験合格

弱点発見や克服が合格への最短距離

1.予備試験合格を目指した理由

もともと私は、大学に入るまでは、法曹になろうとは全く思っていませんでした。しかしながら、大学に入ってから、自分で勉強を進める中で、面白さを知って、法律と最も接点が深く関われる、法曹になろうと決意しました。家庭の事情から法科大学院の進学は不可能だったので、在学中に予備試験に受かって司法試験に合格する道を選択しました。そして、直近の目標になることから三年生での合格を目指しました。

2.辰巳を受験機関として選択した理由

二年生の時に択一に合格した際に、先輩からの紹介を受けて予備試験論文公開模試を受けさせて頂いたのがきっかけです。私の知った予備試験在学合格者はほとんど辰巳法律研究所に通っていたため、私も受験機関として選択しました。また、他の機関と比べ、講座の受講生が多く、周りとの相対的位置なども予備試験に近く図ることができることや、問題演習量が多いことも判断要素となりました。

3.実際に通ってみて

自宅から本校までかなりの距離があることもあって、全ての講座をライブで受けていたわけではありません。しかしながら、本番と同様の緊張感を保つためにも、第2クールからは、週2回あるうちの1回は必ず本校で受けるようにして、残りの一回は、自宅で時間を計って起案した答案を添削に出していました。問題演習量も多く、ほとんどの問題が、一問ごとに予備試験と同じ程度の問題量でありますので、場数を踏むことができます。そして、本番ではかなりの緊張の中、正常な判断をしっかりする必要があるので、実際に何度も新しい問題に触れて場数を踏むことは、本番でもかなり役に立ちました。

4.受験勉強について

受験勉強で大切なことは、最終合格を目指すうえで、自分に何が足りていないのか常に考えて、それを修復していくことです。講座でできなかった問題は、必ず覚えましたし、自分が優秀答案になった場合も、もっと拾えた得点はなかったのか貪欲に考えました。こういったことを考えたうえで、常に次の日の勉強日程を考えて日ごろから勉強していました。自分で工夫した点は、論文ノートと択一ノートを作って自分ができなかった点や忘れた知識を書きまとめて一元化して、何日か一回見直すようにしていたことです。

5.最後に

予備試験は昔ほど合格率が低く、難しい試験ではありません。しかしながら、学部生で受かることを目標とするならば、かなりの努力を必要とします。合格の最低条件として大事なのは何よりも基本的な知識をしっかりと覚えてそれを活用できるようになることです。かならず、方向性を間違えずに努力することで、合格することが可能な試験であるということには間違いがないです。合格の仕方というものは人それぞれです。しかしながら、合格者がやらなければならない勉強の基礎は万人共通であり、合格者が間違っていたことはだれにとってもやってはいけないことなので、その点に注意してみるのもいいと思います。予備試験は、いい目標にもなることですし、その合格を目指して頑張ってください。